loading
 
MTN
llciセンターの研究者の最新成果
ウェブで内部釘を探すなら、世界で2つの種類のみが排他的に使用されていることを理解する。
1-Fitboneは、この釘は完全に骨の溝に配置され、全体の骨切り術はActivator(活性剤)と呼ばれる装置によってワイヤレスで距離を作成し、距離作成のスピードは約1日あたり1ミリメートルである。
この方法では、候補者は治療期間中または終了した後でも全骨修復までに体重を使用する許可を受けないし、職場に戻りたい者にとって非常に大きな問題である。治療期間は人々から社会的な活動を奪うので、非常に迷惑になる。
次の問題は、骨長軸の成長量における制限があり、Fitbone法の場合、脛で6センチ以上、大腿で8センチ以上伸ばす可能性がない。
2-Preciceは、米国で使用されている釘であり、この方法でもFitbone法の問題があり、脛を7センチ伸ばす可能である。
イランの骨延長センターの研究者は、多くの設計とテストの後、MTN(Manual Telescopic Nail)を作成することに成功し、上記の二つ問題を解決できた。手術の翌日、患者は杖で歩行でき、他人の手伝を借りずに独立人として生活し、必要な場合に骨長軸の成長を最大14 センチまで制限がない。
 
上記の2つの問題を解決されることに加え、現状ではFitbone法とPrecice 法の価格も制限要因である。
ミュンヘンでFitbone法でのBombart博士が身長を伸ばす費用は、約80,000ユーロ、Precice法でのマフブビヤン博士が身長お伸ばす費用は、約68,000ドルであり、米国とドイツでの旅費と宿泊費は含まれていないが、MTN法の場合、上記の費用より少なくなる。