loading
膝変形

膝の逸脱は、膝関節軟骨の損傷(通常は痛みと滲出液を伴う)を引き起こすのに十分なほど深刻であり、骨切り術によって矯正する必要がある。

完全な回復期間は、およそ3〜3.5か月かかる。

手術方法は、医師による角度、骨密度、身体活動、および職業の重症度に比例する患者の状態に応じて選択するべきであり、膝の痛みを改善するのに効果的である。

私たちの選択的な方法は、他の方法に比べて大きな利点があるインターロックネイルを使用することであり、非常に厳しいケース場合、イリザロフ法とTaylor法が選択される方法になる。
普通は、Ⅹ膝が大人に膝の痛みを引き起こしない。立って膝の内側同士をぴったり合わせる時、両足のくるぶしの間が7.5センチ以上開いていれば、矯正する必要なことがある。この問題を解決するため、大腿関節骨切り術が必要であるが、全体としてX字形をとる膝の問題を解決するため、脛骨の手術により矯正するべきである。
ほとんどの場合、当クリニックの特定の方法による頭頂膝の矯正術後は理学療法や消毒を必要としない。患者は、手術後2日目に杖で歩く可能があり、3ヶ月後杖に必要がない。そして、皮膚が骨切開部位で7〜8mmを超えて開かないことを考慮すると、この部位は骨切り術用プラークを使用する他の同僚よりもはるかに効果が少なく、皮膚が約10センチ切断される。
骨切り術部位が完全に回復した後(約手術後8~10か月)、激しい運動の可能性がある。矯正された偏差強度に対し、患者の身長が1~3センチ伸ばす。

 

膝変形の場合、は関節領域部位に痛みがあり、角度の修正後、痛みも解消される。特に、膝の括弧またはジェノバールの場合、角度補正が遅れ場合、もしそれが深刻ならば、関節軟骨の変形をもたらす。

テレビ2チャネルで膝変形に関するモタッレビザデ博士の説明

膝変形においてよくある質問

  • 手術後に回復期間はどのくらいかかる? 手術の翌日に計量する可能性があり、最初の2〜3ヶ月で杖が必要にない。
  •  鋳造も必要である? いいえ、時々副木は数日間使用される。
  •  H病院に何日滞在すべきである? 通常は手術の翌日は十分である。
  • 患者の痛みを軽減する可能性はどのくらいであるか? 最初の5年間には80〜90%、最初の10年間に70〜80%治療が可能である。
  • 職場に戻る可能性がある? 身体活動に依存しており、職場で必要とされる場合、1か月後の座りがち、重い仕事場合、4 - 6月が必要とされる。
  • 理学療法は必要があるか? いいえ、改善のために大きな効果があるいくつかの運動のみ患者によって行われる。
  • 薬を使用する必要がありますか? はい、ピンとグラスファイバー方法で抗生物質の使用に必要がある。

limb lengthening operation , limb lengthening , external fixator for surgery , External fixator for limb lengthening , short stature treatment ,  dwarfism treatment , short people , bone lengthening , leg lengthening surgery ,  shin lengthening operation , tibia lengthening surgery , femoral lengthening surgery