loading
身長伸ばす
身長を伸ばす分野における長年の経験をいかし、当クリニックはこの地域で整形外科手術の専門センターの1つとして知られている。研究開発チーム(R&Dチーム)は、LON法の主要な欠点と問題を解決することにより、

Fitbone法によって外科手術を行っていた体験は、より手頃な価格で信頼性の高い装置を作製することを考えさせられた。神のおかげで、私たちはこの大きな目標を達成し、内部釘は完全に機械的なシステムで設計、作成された。

Fitbone法と PRECICE(プリサイス)に比べ、このネイルは骨髄の長さに対する制限が少なく、エラー発生確率と非効率ははるかに低く、髄内釘の費用に比べておよそ1/3である。


車椅子は、伸ばす期間中や回復期でさえも使用されるべきであるという事実にもかかわらず、人々は杖で歩き、自立に歩行することを許されている。

志願者は、当クリニックの活動結果を知るために、以前に手術を受けていた者と接触する可能性がある。2001年からこの手術を受けているボランティアとの面談の要求を送っており、直接面談や電話で彼らに相談することができる。

私たちは、ボランティアの骨延長期間中で適当なサービスを提供するために最善を尽くし、彼らがこの点で近年私たちの演技に満足している理由である。

 

骨延長手術はどのように?

ボランティアは、最初にナデル・モタッレビザデ医師と面会し、一時間ぐらいかかる相談会で自分の質問を討議する。


私たちは、手術の前に不明点を確認し、質問に答えるように最善を尽くする。

この質問は、第1回または次会合でボランティアによって提起され、身長を伸ばしている者や治療を修了して職場に戻ってきた者と面会によって回答される。

その後、通常手術の約1ヵ月前に手術日程を決定する。

必要な機器の正確なサイズを決定するため、両足の脛のレントゲン写真を正面・側面から撮影し、血液検査も書かれる。

速成延長術(LON)手術法では、一次手術時に釘を脛骨に入れ、適切な創外固定器を両脛に装着する。

この装置には止めネジが付いており、ボランティアは、自宅で特別な指示に従ってこのネジを動かすことができる。この手術は、約3時間かかる。

手術後の最初の夜に、疼痛は通常、疼痛を緩和するために鎮痛薬の適切な量を調整するPCAポンプによって制御される。

手術の翌日に、モタッレビザデ医師が個人的に患者の診察をし、患者は通常手術の翌日に退院する。

一日目から太ももと脛の筋力を強化するための運動を始めることは非常に重要であり、運動法は彼によって行う。

普通、歩行のために歩行器の利用が必要であるが、患者は自立するので、自分のことをするために他人の助けを必要としない。

手術の1週間後、身長を伸ばす方法のトレーニングは教育映画によって行われ、身長の増加は1日1 mmの速度で開始する。 

身長を伸ばす方法ビデオ

2〜3週間ごとに、身長の伸ばしを管理するためにレントゲン写真が撮られる。

良い結果を得るため、非常に重要なことは十分な理学療法であり、4センチに達するために一日おきに理学療法をするべきであり、その後、毎日の理学療法が必要である。さらに、太ももと脛の筋力を強化する運動をすることも重要だ。  

特に6センチ以上増やしたい者は、一日当たり平均約2〜3時間に運動するべきである。

手術後3日目の映画

手術後2週間の映画

身長10センチ伸びた後の映画

 

望ましていた身長に到達した時、私たちは小さな手術で創外固定器を取り除き、膝から足首までグラスファイバーで覆われるべきである。

創外固定器を取り除く後、患者は簡単に歩行ができ、日々歩行能力は高くなる。

 

 

グラスファイバー期間の長さは高さの増加によって決定し、6センチのため、通常約2ヶ月ほど続く。

骨の骨形成量が最適レベルに達した時、グラスファイバーを取り外す。この段階で、身長を伸ばすことはほぼ完了し、(大変な仕事ではない場合)患者は職場に戻ることができる。

激しい運動をする能力は、身長を伸ばす量に適しており、身長を伸ばす量は高いほど長い時間にかかるが、完全に回復した後、患者は完全な通常の能力を得る。

要約すると、イランでの外国人患者受け入れ手続きは、以下の通りである:
クリニックの代表者は、歓迎するために空港に来て、到着時間に応じて事前に定義された計画が行われる。

最初に、あなたは身長を伸ばす期間に使用する主な滞在所を訪問し、そしてすべての質問に答えるためにモタッレビザデ医師と会談する。

以前に手術を受けたことがある者に会談する可能性がある。

手術のために明確な決定をできた場合、発表された費用をお支払いいただき、そして血液検査、X線撮影などのようなすべての健康診断検査が行われ、出来る限り早期に手術日付が決定される。手術はオミド病院で行われ、あなた自分の希望で手術の麻酔法(局所麻酔/全身麻酔)を選択できる。LON法の手術は、3時間、MTN法は2時間かかる。手術と回復の後、あなたは病棟に移動し、あなたの個室で専任の看護師がいる。
手術後の疼痛を管理するため、痛みを防ぐために継続的に薬の必要量を注入するPCAポンプが使用され、疼痛をコントロルするについて何も心配することはない。

手術翌日、モタッレビザデ医師は、あなたが歩行器で歩けるようになることを直接指導し、あなたの全身状態をチェックする。
手術後の入院期間は通常2日であるが、患者の状態に応じ調整いたす。
退院後、あなたは最初の滞在所に移動し、これ以来、毎日ピン刺入部分の包帯を取り替えることや食事や薬を担当する専任の看護師が持っている。
手術一週間後、身長を伸ばす過程は開始され、専門家の同僚の一人が、必要な運動と身長を伸ばすためのトレーニングを訓練し、当クリニックのプロトコルに従って伸ばす仮定が行われる。それ以来、毎日の理学療法(各セッション1.5〜2時間)は理学療法士によって開始される。

手術一週間後、身長を伸ばす過程は開始され、専門家の同僚の一人が、必要な運動と身長を伸ばすためのトレーニングを訓練し、当クリニックのプロトコルに従って伸ばす仮定が行われる。それ以来、毎日の理学療法(各セッション1.5〜2時間)は理学療法士によって開始される。
2週間ごとに、増加率を制御するために両足の脛のレントゲン写真が撮影され、モタッレビザデ医師によって診察される。

身長増加期間が終了した時、両足から外部固定具を取り除き、通常は脛上に2本のピン、脛下にも2本のピンによって膝下から足首の上までグラスファイバーで(当サイトをご覧下さい)覆われるためにオミド病院に戻り来る。
この以来、あなたは歩くことが出来る。

両足に外部固定具がある期間とグラスファイバーの使用期間に、以下の表の通りに成長量に直接な関係がある。

延長量(センチ)

脛に創外固定器を装着する期間(月)

グラスファイバー使用期間(月)

グラスファイバーを外す後普通歩行(月)

6

3 – 2.5

2.5

3

7

3.5 – 3

3

4

8

4 – 3.5

4

5

9

5 – 4.5

4.5

6

10

6 – 5.5

6

7

適切な栄養、十分な運動、定期的な理学療法があり、年齢が20歳~35 歳の間、体重が50~70kgであり、種類の異なるタバコ、アルコール飲料、炭酸飲料を避ける場合、上記の数字が正しいことに注意して下さい。

 

グラスファイバーの使用期間が終了した後、モタッレビザデ医師は自分の診療所でそれを外され、2日後、あなたはたいてい歩くことができ、あなたは帰国することができる。

LON法とイリザロフ法の比較

イリザロフ法に比べLON法の利点は、以下の通りである。
  1. 私たちの好ましい手術法(LON法)では、骨切り術の部位に角度をつける可能性はなく、外部装置を取り除いた後に角度をつける心配しない。
  2. より傷が小さく、痛みも少ない。
  3. 歩行能力がより高い。
  4. 外部装置の使用期間は、非常に短い。
  5. イリザロフ法の反対に、骨の成長部位に骨折する可能性がない。
  6. 骨の両側ある関節の動作制限は、イリザロフ法よりも小さい。

さらに、普通は、小人症に対するLON法を行う。

2005年に、多くの研究によると、私たちは外部装置(External Fixator)の設計と修正に成功し、私達は以前に直面していた多くの問題を解決できた。

これには、身長を伸ばす期間中にワイヤが反るの防止が含まれ、これにより、ピン周辺の感染率とピンの破損が大幅に減少した。


次の重要な変更点は、膝を完全に曲げる可能であり、依然に通常のシステムにより不可能であり、膝は90度まで曲がる可能がなかった。

さらに、我々は、長さの増加パターンを変更することにより、骨形成の量を増加することができた。

もう一つの重要な注意は、身長を伸ばす期間中に可能性のあるすべての問題を解決することが出来る能力であり、これはこの分野における数年間の継続的な経験を通してのみ達成される。

モタッレビザデ博士によって身長を伸ばす手術の歴史

身長を伸ばす手術は、2001年9月以来モタッレビザデ先生によって開始された。2001年から2018年まで彼によって身長を伸ばすため手術を受けられた患者が300人以上であり、この数は日々増えており、結果は許容範囲内である。そして、2008年までに世界で最も報告されている割合として、彼が行った身長を伸ばす手術の143件の結果の概要が2014年8月10日にスプリンガーで発表された。 (論文のリンク)

 

過去15年間にわたってこの手術に関する注目すべき点は、イランで身長を伸ばしたい非イラン人患者の興味であり、その理由は、イラン人医師を信頼することに加え、イランやヨーロッパやアメリカで手術費用が大きな違いがあることである。
 

llciセンターの研究者の最新成果


ウェブで内部釘を探すなら、世界で2つの種類のみが排他的に使用されていることを理解する。
1 - Fitboneは、この釘は完全に骨の溝に配置され、全体の骨切り術はActivator(活性剤)と呼ばれる装置によってワイヤレスで距離を作成し、距離作成のスピードは約1日あたり1ミリメートルである。
この方法では、候補者は治療期間中または終了した後でも全骨修復までに体重を使用する許可を受けないし、職場に戻りたい者にとって非常に大きな問題である。治療期間は人々から社会的な活動を奪うので、非常に迷惑になる。
次の問題は、骨長軸の成長量における制限があり、Fitbone法の場合、脛で6センチ以上、大腿で8センチ以上伸ばす可能性がない。
2 - Preciceは、米国で使用されている釘であり、この方法でもFitbone法の問題があり、脛を7センチ伸ばす可能である。
イランの骨延長センターの研究者は、多くの設計とテストの後、MTN釘(Manual Telescopic Nail)を作成することに成功し、上記の二つ問題を解決できた。手術の翌日、患者は杖で歩行でき、他人の手伝を借りずに独立人として生活し、必要な場合に骨長軸の成長を最大14 センチまで制限がない。



 

上記の2つの問題を解決されることに加え、現状ではFitbone法とPrecice 法の価格も制限要因である。
ミュンヘンでFitbone法でのBombart博士が身長を伸ばす費用は、約80,000ユーロ、Precice法でのマフブビヤン博士が身長お伸ばす費用は、約68,000ドルであり、米国とドイツでの旅費と宿泊費は含まれていないが、MTN法の場合、上記の費用より少なくなる。

 

以下に身長を伸ばす手術を紹介するビデオをご覧ください。

 

(パート2)

身長を伸ばす手術の詳細を知るため、このビデオをご覧下さい。(シマイェ・ハーネヴァデ番組・パート1)

モタッレビザデ先生との「ジャメ・ジャム」チャネルのインタビュー

身長を伸ばすための適当な時期についてモタッレビザデ医師の説明

2チャネルの「イェク・フェンジャン・サラマト」番組(健康1カップ番組)とのインタビュ

身長を伸ばす手術に関する重要なこと

  • 栄養は骨の修復において重要な役割を果たす。(タンパク質、牛乳、新鮮な果物や野菜の摂取)
  • 種類の異なるタバコ、アルコール飲料、炭酸飲料を避ける
  • 身長を伸ばす期間中に定期的な運動・理学療法
  • 身長を伸ばす期間中に延長を制御するために、2週間ごとにレントゲン写真が撮影される
  • 距離のせいで理学療法が患者によって選択された場合、作業の結果は医師に受け入れられるべきである。それ以外の場合は、患者は、テヘランで、当クリニックの理学療法士によるリハビリテーションを行うべきである。
  • 骨の修復が完了した後、通常は内部の桿体を除去する必要がある(最初の手術から1年半~2年まで)。
  • 45歳以上の女性および55歳以上の男性に対し、この手術を推奨されない
  • 変形性膝関節症の場合、身長を伸ばす手術と同時に悩みを治療し、重症度に応じて脚の長さを伸ばす。
  • 身長を伸ばす手術と同時に脚長差の悩みを解消する
  • 激しい運動をする能力は、手術の18か月後より可能である。
  • 患者は、身長を伸ばす期間中に自立生活をできるほど(杖や歩行器を使用することにより)歩行することを許されているが、職場や大学に出席する可能性がない。
  • 手術部位の骨を自然に再生するので、患者に弱点が出ない。
  • 基本的に、骨の長さを伸ばすことは、規定の手順に従って実行するべきであり、特に4センチの伸びの後、十分な理学療法と運動により進歩のペースをバランスよく保ち、痛みを抑えることができる過程である。

誰が低身長と呼ばれている?

低身長は、性別差と全国平均の身長差によって決まっている。それに対する明確な定義があり、低身長と感じる者に身長を伸ばす手術が受けられなく、これは美容整形手術ではない。

身長を伸ばす期間中の歩行能力

LON法はイリザロフ法に比べ、身長を伸ばす期間中に歩行能力がよりはるかに強く、特に患者が十分な運動をする場合、痛みも少ない。
以下の映画が、身長を伸ばす期間中に歩行能力を示すために2004年に作成された。

よくある質問

  • 手術後に副作用があるか。 手術の結果は、双方(外科医と患者)の協力に大きく左右される。 規定された運動を十分にし、定期的な理学療法セッションがある場合、成功は当クリニックによって保証される。
  • 手術後いつごろから普通に歩行できるか。 身長を伸ばす量に依存し、以下の表で答えを見つけることが出来る。

骨延長手術に関する表

回復期間と延長量の関係に基づき、以下の表により手術前の身体能力に戻るために必要な期間を予想するできる。

延長量(センチ)

脛に創外固定器を装着する期間(月)

グラスファイバー使用期間(月)

グラスファイバーを外す後普通歩行(月)

6

3 – 2.5

2.5

3

7

3.5 – 3

3

4

8

4 – 3.5

4

5

9

5 – 4.5

4.5

6

10

6 – 5.5

6

7

適切な栄養、十分な運動、定期的な理学療法があり、年齢が20歳~35 歳の間、体重が50~70kgであり、種類の異なるタバコ、アルコール飲料、炭酸飲料を避ける場合、上記の数字が正しいことに注意して下さい。

 
  • 骨延長手術費用はどのぐらい? 手術費用を決定するため、いくつかの要因が重要であるので、すべての必要な情報の完全な知識に完全に責任がある当クリニックの主な専門家にお問い合わせ下さい。ご連絡番号:00989121251433

 

国・地域

価格

 

米国

90.000 $

両側大腿骨延長の場合

100.000 $

PRECICEを利用して両側脛骨延長術

140.000 $

LATNを使用する脛骨延長術: 64,000ドル   

 Precice法による脛骨延長術: 69,000ドル    

LON法による大腿骨延長術: 55,000ドル   

 Precice法による大腿骨延長術: 60,000ドル

120.000 $

 Precice法による

ドイツ

120.000 $

Fitbone手術の専門家

50.000 €;

両側大腿骨延長

53.000 €;

両側脛骨延長術(Betzbone 法による)

イタリア

 

 

55.000 €;

髄内釘

 

 

55.000 €;

髄内釘

フランスーイタリア

52.000 €

髄内釘

イラン

35.000 €;

MTN法(手動伸縮釘) - (髄内釘)フルパッケージ(出発空港から出発空港へ)

 

 

 

limb lengthening operation , limb lengthening , external fixator for surgery , External fixator for limb lengthening , short stature treatment ,  dwarfism treatment , short people , bone lengthening , leg lengthening surgery ,  shin lengthening operation , tibia lengthening surgery , femoral lengthening surgery